過去問の演習記録・本試験得点(通関業法編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次

1.過去問の演習記録
  本試験で6割とる
2.本試験での点数(自己採点)
3.もし次回受けるなら どう対策するか

スポンサーリンク

過去問の演習記録

試験対策として、過去問演習はとても大事です。ご参考までに、私の解いた過去問の記録(試験回、解いた日付、点数)をご紹介します。

試験回日付点数
第54回① 5/ 3
② 6/21
③ 8/11
④ 8/19
⑤ 9/12
⑥ 9/26
37点
44点
45点
 記録なし 
45点
45点
第53回① 3/24
② 6/25
③ 8/31
④ 10/ 1
37点
40点
43点
39点
第52回① 4/10
② 6/23
③ 9/30
44点
41点
43点
第51回① 3/26
② 6/30
③ 8/22
④ 9/23
36点
42点
43点
41点

第50回試験以前の過去問は、改正点の確認に時間をとられるのが嫌だったので 解きませんでした。

本試験で6割とる

過去問演習では、満点を取れていないときも結構ありました。演習の目的は「本試験で6割を得点できる力をつけること」なので、過去問で満点をとることに こだわらないように気を付けました。(でも気持ちとしては取りたくなってしまうんですけどね。)

「本試験で6割得点する力をつけるということ」とは、気付いていらっしゃる方は良いのですが、一応言っておきますと 普段の勉強の目標を6割に設定していたら足りないです。
まず、本試験では おそらくほとんどの人が緊張します。想定しないミスを犯すこともあるかもしれません。マークする箇所が一つずれて、途中で気付いて修正しようとしたけれど時間が足りなくて 全部直せなかった、なんて話は試験には ありがちです。試験会場の雰囲気に飲まれてしまって、試験開始後しばらくの間は頭が真っ白になってしまった、なんてこともあり得ます。

私は出来る限りの対策をして試験に臨もうと決めていました。自分が過去問や過去問題集で解く問題の8割~9割は正答できるようにしておきたいと考えていました。そうすれば、本番で何かミスがあったとしても、細かい知識を要求するような問題を出されたとしても、6割は確保できるラインで堪えられそうだと思いました。

自分は貿易業界未経験ですから、

<br>

「なんか仕事で聞いたことある問題が出題された。おかげで1点増えた♪」

なんてラッキーは期待できません。
通関実務科目の話なんですが、過去問でWO、DMI、PSRの問題を見た時はつらかったです。(そういう略語について問う問題が出されたことがあったのです)

これが未経験者と経験者の違いか…

今の私ならば、「現場の人が読むような資料まで読めば良いや。知らなければ、知れば良いや。」と思えます。でもそんなこと、 勉強を始めたばかりの人には 何を見たらよいのか、どこまで読み込めば良いかなんてことは難しいと思います。

本試験での点数(自己採点)

ついでなので載せますと、私の本試験での得点(税関発表による正答から 自己採点した点数)は、38点(45点満点)でした。

第〇問得点
1~ 5問21点
6~10問 8点
11~20問 9点
38点

やはり何回も解いた過去問と比べると、初見の問題なので 得点は下がりました。第55回試験では、合格基準として発表されたボーダーは60%(27点)でした。難問化ということを考えれば、自分よくやったなと思います。

もし次回受けるなら どう対策するか

もし次回受験するとしたら、自分ならどう対策するのか考えました。

第55回試験では、まさかの通関業法難問化でした。あんな通達から出題されるなんて、という問題もありました。でも、試験範囲は それほど広いとは思えません。過去問の演習をしていけば 出題されやすいポイントは予想がつくので、そこを抑えることに注力していれば本試験で6割得るのは可能だと思います。

次回の試験がどういう傾向となるか分かりませんが、もし自分が次回受けるならば 今年と勉強の方針は変えません。

  • 過去問で出題されている問題は正答できるようにしておく。
  • 通関業法を甘く見すぎない。
  • 試験の直前期には、毎日少しで良いから 通関業法を対策する時間を設ける。(10分でも良い)
  • 気になるときは 法令や通達まで確認する。
  • 頻出の範囲は 自分で書けるようにしておく。(今は通関士試験は記述試験ではなくなっていますが、頻出だと分かっている分野は確実に答えられるようにするために 私は「書ける状態」までもっていけるようにしていました。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
全般
ツイッターでシェアする
ツイッターでフォローする
未経験からの通関士試験